ねうしとらう日記

たつみ庵

ネットという水を早い段階で与えすぎて根腐れしたオタクの戯言日記

僕ラブ22反省会

こんにちは たつみあんです

 

 

 

僕ラブ22 楽しかったよ~~~~~~~

f:id:itsme-novel:20190325103521j:plain

 

 

サークル辰巳庵としては2回目の同人イベントだったんですが

ラブライブオンリーにはやっぱり出たいということでコミケ同様勢いで申し込んでよかった

 

感想

f:id:itsme-novel:20190325104223j:plain


なによりも嬉しかったのは完売

やった~完売したよ!嬉しい!

 

 

60部ほど持ってったんですが、開場45分で完売してしまいました

冬コミは半分ぐらいしか持って行かなかったので不安だったんですが、逆にもっともって行けばよかったですね。ラブライブオンリー強い

 

完売後も「完売しちゃったんですか?委託してください」と数名声をかけていただいて嬉しかったですね。。。委託します。。。届けこの思い。。。

 

試し読み

そして冬コミからの課題であった「試し読み」

記録厨なので全部記録しとりますよ。お前を乗り越えなきゃいけねぇんだ

 

 

今回「試し読みいいですか?」ときたお客さんが11名

そのうち8名が買ってくれました!!

 

前回が16名読んでくれて3名しか買ってもらえなかったので快挙も快挙。大勝利!

試し読み→購入ってムーブを行われると脳内で""承認""ってはんこが押される。

こいつがたまんねぇ…!

前回の反省を活かして本文の書き込みの量をかなり増やしたのが良かったんだと思います。ありがたいですほんとに。

 

設営

2つめは設営ですね。前回が質素でお客さんの目を引きづらいと反省したやつです

 

前回がこんな感じ

f:id:itsme-novel:20181229224458j:plain

 

今回は

 

f:id:itsme-novel:20190325110429j:plain

 

あれ?それでも質素だな…

まあここからまた若干変えたんですが

 

まず「ポスター」

A3のやつを作りました。やっぱあるとないとじゃ全然違うなー!

今回はこいつの効果がかなりでかかったのではないかと…

 

もっとでっかいポスターはスタンドがないからつくらなかったんですけど

会場で貸し出ししてたみたいです。次からはでっかいやつも作るよ

あと撤収するときポスターあげます~ってツイッターで告知したら

欲しいですってきてくれたかたがいましたね。嬉しいけど雑な部分とか拡大されちゃってるから恥ずかしい…!とあげてから思いました

 

「サンプルページ」

事前に公開してたやつですがサンプルページを印刷して貼り付けました。

「試し読み」せずとも中身が見える状態のほうがありがたいですよね。僕も試し読みいいですか?って言いにくいし。。

これも机の上に置きたかったんですが、準備できなかったので貼り付けてました。

それでも結構このサンプルを見てくれてる人がいたので次も使っていこう

貼り付け+机の上ってのがベストですねたぶん

 

交流

これはまたもや課題…?なのかはわかりませんが

一応声をかけようと思ってたツイッターの相互の人には全員挨拶ができました…良かった…

 

もっと増やしたいってところですね!次は!お菓子配り歩きたい

 

新たな反省

2回目なのでまだまだ課題はありますが

一番心残りだったのが「スケブ」です

 

二名ほどスケブお願いできますか?と声をかけてもらって

「じ、自分の絵が、、、、求められている~~~~~!??!?」と昇天しかけたんですが

 

両名、お断りしてしまいました。。。。。。まじごめん。。。

 

理由は簡単で、めちゃくちゃ遅筆だからお待たせしてしまうってとこです

多分これ言ったら待ちますよ!って言ってくれるのかもしれませんが、それでも焦って描いちゃって中途半端な絵になるのも嫌だな…とミジンコみたいなプライドが出てきたわけです。受ければいいのにね!

 

アナログで描くことには抵抗はないので、あとは「時間」!!!!

無駄な線を引かない!早く、かついい絵にする。

これからは時間も測りながら、録画もいいかもしれないですね

 

あとスケブ用にポーズとかはテンプレみたいなの作っておく!

 

という点が次の課題です。

 

これはもう永遠の課題ではあるんですが

絵が多少認められたぶん、「内容」と「表現」はもっと勉強しなきゃね

 

漫画はテクニックひとつで空気感とかリズムが生まれるからそこのとこもっと駆使したいです。。。。。

 

 

さいごに

自分の描いたものが求められて買ってもらえるってのは

やっぱり良い。。。。。

 

3回目も早いうちに参加したい

 

ちなみに夏コミには申し込んでいるので受かればまたでます!受かって~~

 

 

まあ8月なんでその間にまたラブライブオンリーには出るかも。

お仕事が忙しいのでムリか?仕事よりこっち優先しちゃいそうですが

 

違うジャンルも出たいんですよね

けいおんオンリーとかは実際の聖地でやるとか聞いてめちゃくちゃいきたくなってる。

 

f:id:itsme-novel:20190325113238j:plain

 

いきてえ~~~~~~~~~wでもこれは流石にムリだな…一般としても普通に行きたい

 

というわけで次の目標は

 

・8月までに一回イベントに出る!(新刊一冊)

・次は100部完売

 

この二つを掲げていこうと思います!やってやるやってやるやーーーってやるぞ

 

 

あと、これは直接関係ないですが

 

あの日身につけてた名札とまるなれTシャツには誰にも触れられなくてドン滑りした事実は誰も知らない。

f:id:itsme-novel:20190325113626j:plain

 

 

それでは~

 

 

 

 

 

僕ラブ22に参加します!

こんにちは たつみあんです

 

僕ラブでるぞ!!

全然更新してなかったのは原稿を描いていたからですという言い訳。

別に更新は全然できたけどね。

 

 

というわけで血反吐吐きながらようやく脱稿いたしまして告知という形で

はせ参じました

 

 

 

f:id:itsme-novel:20190319230251j:plain

f:id:itsme-novel:20190319230253j:plain

f:id:itsme-novel:20190319230300j:plain


表紙とサンプルになります。

例によってラブライブの二次創作です。

まあ僕ラブなんで当然ですけど

 

デュオトリオ第二弾でユニットになったダイヤちゃんと善子ちゃんが

若干きまずいながらも二人きりで遊んで仲良くなる話です

 

結局は読む人の感想が全てなんですが、めっちゃ頑張りました…なので…読んで…

 

 

イベントの詳細と致しまして

 

3月24日

大田区産業プラザ

 

配置が【ライ34】にて出展します

 

f:id:itsme-novel:20190319230947p:plain

 

 

いよいよ社会人になる前の最後のイベントになりますが楽しみたいね

社会人になるのめっちゃイヤだけど。創作は続けたい。夏コミも申し込んだので

 

なのでわたくし たつみあんは社会人同人作家を全力で応援いたします。

闇が深まって記事更新頻度があがりそうですね…

 

 

それでは~

 

心に響く絵との違いはなんなのか?

 

 

こんにちはーたつみあんです

 

さて、またまたイラストの話

前回は自分の好きな絵をとことん追求せんかい!ってことを言いました

 

itsme-novel.hatenablog.com

 

 

この記事を書いた後にいろいろ「マンガ指南」みたいな活字本を結構読んでみたんですが割とおんなじこと言ってたのでこの方法で突き進んでみよう~と再度決心しました

 

そこでこないだ描いた絵がこちら

 

 

f:id:itsme-novel:20190203013133p:plain


版権ものばかりで申し訳ないですが星空凛ちゃんです

「尻を描くのだ…」という神からのお告げが来まして、

このようなちょっぴりエッチな絵を描いてみたんです。

 

完成させたとき

 

え!?めっちゃうま!エロ!!顔も可愛い!やば!

 

自画自賛の嵐。あまりの可愛さに活動停止する勢いでした

 

まあ完成させたときっていうのは気分がハイになってるのか上手く見えてしまうもの。わかってるわかってる。

どうせ明日見たら「うわあ…クソ下手じゃん…」となるに決まってる

 

そう思い、勢いのままSNSにアップするのを堪えて次の日

 

 

 

やっぱエロ!可愛い!うまい!

 

こいつぁ来た!次の日見てもうまいと思える絵(まあ身体とか背景はちょっと違和感残りましたが)。これよこれ!

 

そう思いウッキウキでSNSにアップ

「たくさん反応もらえてモチベーションにするぞ~^^」

 

が、しかし

 

 

 

200いいねもいかず…

pixivもそんなに伸びず…

うーん?なんで?

 

自分の好きを盛り込んだ!うまく描けた!じゃあ後は何が必要ってんだ!

 

誰か教えてくれーーーーーーー!!!!!!!!

 

 

 

は~ぁ…やれやれ…

 

あ!!お前は…自分の中にいるちょっと絵にうるさいオタク!!!!

 

 なぁ~~~んもわかっちゃいないな…君は… 

え???

 

確かにこの絵は可愛いし、おしりもエッチだ。なんなら水滴のディティールにもこだわってていいと思う

 

うわ、ディティール褒めてくれるのめっちゃ嬉しい・・・

 

ただ、この絵にはさぁ…【物語】が全く見えてこないんだよ。たつみ氏

 

物語?だってこれは一枚絵だよ?

 

はぁ~~~~~~~~~~~…ラーメン二郎食べたあとなんだからあんまりため息つかせないでくれよ…

 

いいかい?表現する以上なんらかの作者の意図が必要なんだよ

 

今回君は「おしり」をメインに表現しようとした。でもそれにしてはおしりの迫力が薄いと思わないかい?

 

確かに…

 

顔とおしりの大きさがほぼ同じ。お風呂場の背景も「?結局これはどういう状況なわけ?」と見る人は置いてけぼりだよ

 

・・・

 

漫画と違って一枚絵はビジュアルも意識しつつ、その中にどういう意味が込められているのか見る人に理解してもらわなくちゃいけない。だからめちゃくちゃ難しいことなんだよ

 

そっか…そこまで考えてなかったよ…

 

「凛ちゃんのお尻が見たい」じゃなく「凛ちゃんのお尻をどういう状況で見たいか?」まで突き詰めなきゃいけなかったんだね

 

うん。これからはそこも意識して描いてみる練習をしてみるといいよ

 

わかった!ありがとうオタク! 



てなわけで

 

一枚絵には【物語性】がないと心に響かない

 

という気付きの話でした。画力と共に向上させていきたい

 

 ひとりごと

突き詰めれば突き詰めるほど絵を描くって大変ですね

そこが楽しくもあるんですが、描いては壁にぶつかるの繰り返し

 

ああああああああ!!絵描くのつれええええええええええええええ!!!!

 

そういうときは自分のpixivアカウントで過去絵を見て

「確実にこのころよりはうまくなっている」と自己肯定しています

 

Twitterじゃ褒めてくれる人は稀なので…

わざわざリプライ送って「可愛いです!」って言ってくれる人、、、、

 

仏か?

 

自分もですが「ああ…いい絵だなぁこれ。」ってなったものにはいいねを押すだけじゃなくリプライもできる人間になりたいなぁと思います

 

 

 

 

それでは~

 

ガチ恋オタクがいかにやばいか考察した

 

こんにちは、たつみあんです

 

2月に入ってしまいましたが、今月はアウトプットがんばってしていくぞー

 

ということで今回のテーマ

 

ガチ恋オタクの思考回路やばすぎ」

 

f:id:itsme-novel:20190201011538p:plain

 

 

ガチ恋オタクとは

「アイドルや声優を恋愛対象として見てしまっているオタク」のことを指します

 

私はアイドルには詳しくないので今回は「声優ガチ恋オタク」についてなんですが、

最近は声優がアイドル化していてガチ恋オタクが異様に増えている。

ただそれが悪いことではないと思っていました。実際かわいいですし私も好きです

 

 

でもあるオタクの友人の意見を聞いて「ガチ恋勢」やばすぎ…とドン引きする機会があったのです

 

 

話のキッカケはイベント後の宿にて、ある声優さんに「彼氏」がいた情報についてでした

 

友人曰く

・彼氏がいるとわかってから応援する気が全くなくなった

アイドル声優という立ち位置なんだから彼氏を作るって行為が理解できない。

・彼氏作っておいて応援してねーって言われても…ねぇ?

・売れたいのにそういうリスク取るかね?

 

などなど…どういうわけか彼らの中には「裏切られた」という感情がわいてしまうらしいです。こんなに応援してんのに!どうして!!

 

中々に限界すぎて「こいつちょっとした泥沼にハマって苦しまないかなー」と思ったりもしましたが

まあガチ恋勢という存在を認識しているため、そういう考えはあるだろうな。と理解はできました。納得は全くできないけど。

 

そこで自分は

「あ、“お客様思考”だな」

と思ったんです

 

これはどういうことかというと

 

牛丼屋で300円払って牛丼を食べるとします

そこで店員さんがちょっと水を雑に置いたとしましょう

 

お客様思考の人はここで

「なんだこいつ、雑に置きやがって…」

とイライラするわけです。実際注意する人もいるでしょう

 

確かにこれは店員さんに落ち度があるとはいえど

300円の牛丼ごときでサービスの質まで求める??と思うわけです

 

別にいいじゃん水をちょっと雑に置かれたぐらいで美味しい牛丼は食えるんだから。なんなら味噌汁まで付く!最高!

と、ならないんですね。(ちなみに私は松屋派です)

 

 

ガチ恋オタクも同様で

 

声優さんのライブやイベントが終わったあと

「語彙を失った」「最高」「エモい」「エモエモのエモ!」「優勝!」

とかくだらない感想を言い合ってめちゃくちゃ満足してるんですね

 

つまり

我々が彼女らを応援するために使った費用=彼女らが提供してくれるサービス

という等式ができあがってます

なんなら「倍の費用払ってもいい!」「実質無料!」とか言ってるオタクもいるので、払ってる以上のサービスを提供してもらってるんです

 

じゃあ別に声優さんに彼氏ができようができまいが、プライベートまで制限してほしいってのは「求めすぎ」でしょう。

 

裏切られたって主張はむしろ払った以上のサービス提供してくれてるのにそんなことで応援しなくなるオタクのほうに言えない?

 

ってことを伝えたんですが、彼は目をマジにして

 

「これから売れたいって考えてるなら、その行動はバカそのものじゃん!」

「プライベートを制限してまでファンを楽しませるのがアイドルだろ!」

と反論

 

内心は気持ち悪すぎてなんでこいつとこんな議論してるんだろとなっていたんですが

話を深くまで聞いていくと

 

払った費用=サービスという式は「彼氏がいない」という前提の上で成り立っている

 

らしいです。ええ…じゃあもうライブくんなお前って感じですよね

 

まあ確かに彼氏がいることが世に出ることはマイナスしかないし、いたとしてもバレない努力はするべきだとは思います

でも声優さんだって人間ですし、仕事の成功以外にも幸せの形はあるでしょう

 

仮にプライベートのごたごたが原因で「彼女らのサービスの質」が「自分たちの払っている費用」より下だった場合は、こっちだって怒る権利があります

(ライブ中に彼氏とのエピソードの話とかされるとか…ありえないけど)

 

でも実際、彼氏がいたところでライブのパフォーマンスは変わらないんだからさぁ…

たかだか1万そこらのチケット費用でどんだけ求めるのよ…

 

結局はガチ恋なので「ワンチャン」の可能性を信じてたんだけど、そんなものはない!とまじまじと見せつけられて嫉妬してるだけなんですが

本当の本当にガチ恋なら声優さんに近づけるための業界に入るとか、会社作るとか、「ファン」という位置から脱却するべきだと思うんですよね。

 

まあこれは極論だとは思いますが、ガチ恋オタクじゃないので。。

「そこまでの行動力がないならグダグダ言うな」って感じです。

 

裏切られたって考えについて、応援費用として使っているお金が声優さんの収入に大きく貢献していると本当に思ってるのだろうか

だったら自分でイベントを開いて声優さんを呼んで「仕事を増やす」方面にお金を使ったほうが全然声優さんのためになっていると思うんです

 

じゃあ結局自分らにできることは何か?

 

費用に見合うサービスを提供してくれている以上、彼女らとは対等だし応援したくなるしプライベートでも幸せなら良かったねとなるのが「ファン」であり、あるべき姿だろ?

と主張しました

 

そして

「それはお前の意見だろ」

という身もふたもない意見でこの議論は終了しました。そうだけど…

 

ここまで正論を突き付けてもブレない思いの強さがなぜ行動力に繋がらないのか不思議でなりません…

 

自分たちの幸せのために彼女らのプライベートの幸せまで制限しようとするガチ恋オタクの思考回路、やばすぎ…!

 

みなさんはどうでしょうか?皆さんがやばすぎる思考の持ち主でないことを祈ります

 

まあこんだけ言っておいてなんですが、私も好きな声優さんに彼氏が発覚したら数日は寝込むと思います。そこから応援はしますがね。がんばれがんばれ!

 

とりあえず私はその友人をちょっとした崖に呼び出そうと思います!

話合うだけだから!風通しのいい所で!

 

それでは~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絵を描く目的、見つめなおさないと上達も遅い

こんにちは たつみあんです

 

最近めっきりブログを書かなかったのは文章書くのめんどくさいなぁ…となっていたからなんですが

やっぱりアウトプットはしなきゃなーとのんびり考えつつ、ぼちぼちやっていきます

 

 

 

さて、文章は全く書いてなかったんですがイラストは普段から描いてまして一日に一枚絵を描かないと気が済まないぐらいには習慣化できていていい感じなんです

 

最近描いた絵

ツイッターに違うやつとかもあげてるので是非)

 

 

 

f:id:itsme-novel:20190122213036j:plain

 

 

f:id:itsme-novel:20190122213020j:plain



見事にバストアップばかり。全身描かなくちゃうまくならないってわかってるんですけどねー。ちなみに下は模写です

 

 

で、まあ上のルビィちゃんの絵はツイッターでかなり反応があって過去最大のいいねの数を貰えたんです

ラブライブというコンテンツの強さはもちろんありますが、それでも反応があるのは嬉しい

 

でもなんで今までの絵はそんなに拡散されなくてこの絵は反響があったんだろう?

 

下手だからっていうのもありますが、2日前に挙げた絵は半分もいかないぐらいしかいいねが貰えなかったりします。

 

で、色々考えた結果

 

 

「自分の思う 可愛い ってこういうことなんだよ!!!おい皆!!!!!おい!!!!!!!!わかんだろ!!おい!!!!」

 

 

ってのをルビィちゃんの絵には盛り込んでいたなーと思ったんです

 

 

笑顔にさせたい人生だったなー 

この子が同じクラスにいて席が隣でちょっとした冗談にもすぐ笑ってくれて

そんな毎日がなんで自分の人生にないの???

二次元の世界にいきて~~~~~~~~~!!!!

 

中学時代の自分は常日頃こんなことばっか思って生きてきました

 

でも大人になるにつれ自分の中にいる冷静な自分が「現実見ろよ。お前はもう社会に出ていくんだぞ?」と声がでかくなってきている

 

あの頃の「自分に都合のいいだけの世界を妄想してたキモいオタク」はどんどん小さくなっています

 

だから自分の絵も「反応が欲しいから」「うまくなりたいから

そういった気持ちで描いている側面が強くなっていました。

 

 

 

 

「でもそうじゃないだろ」

f:id:itsme-novel:20181211134903p:plain

 

 

あ、、、、!君は、、、、!僕のなかの「キモイオタク」!!!!

 

 

反応が欲しい?おいおいどうしちまったんだよ!たつみ氏

 

え…?だって、、反応がないと描いてて辛いだけ…

 

 

ばっきゃろう!!!!!

 

たつみ氏が「絵を描く」本当の目的を思い出せよ!!

 

本当の…目的…?

 

 

忘れたんなら教えてやる

 

はぁ~~~!!このキャラクターが現実にいたらこんな会話をして、一緒に下校して、その時にちょっと手が触れあっちゃってお互い恥ずかしくなるんだけど気付かないふりしたり、席替えで離れちゃうって内心残念なんだけどまた近くなって「またお前かよ~!」みたいな感じでふざけあって青春してぇ~~~~~!!!…こういう自分の中の妄想を絵にできたら自給自足キモオタ生活ができる!そういう気持ちだったろ!

 

うわ!!気持ちわる!!!

 

でもそうだった…なにかっこつけてんだ…キモオタである以上キモイことには変わりはないのに…

 

 

別にかっこよくもなんともなかったけど

 

 

絵を描く意味…それは自分の思う「デュフwwwwwwwwwこ、これは最高に萌えるwwwwwフヒッwwwwww」を出してかなきゃいけないってことだったのか!

 

そう。今までの君の絵は大衆受けを狙って結局なんも響かないゴミカスの絵。え?なんだって?で物語を進めるラノベ主人公ぐらいゴミカス。

 

めちゃくちゃひどいこと言うじゃん…

 

でも反省した。もっと自分の好きを絵にして発信していくことを意識するよ。ありがとう自分の中のオタク

 

うん。あと名作を見返すのもいいけど今期アニメチェックを怠るなかれ。

 

 

 

 

なんで絵を描き始めたか?

原点に戻って考えてみるとモチベーションがあがっていっぱい描けるようになってうまくなるのも早くなるよ!という話でした

 

ありがとうオタク!いっぱい絵描くぞ!

 

それでは~

 

 

 

 

 

 

 

初めてのサークル出展を終えて反省とこれから

まずはコミックマーケット95 1日目お疲れさまでしたー!!!

 

 

f:id:itsme-novel:20181229223749j:plain

 

念願のサークル出展でしたが

結果としましては

18部!手に取っていただくことができました!

 

目標が10部売ることだったので午前中のうちに達成できてほんと嬉しい

ありがとうございます!

 

とりあえず参加することが目標だったとはいえ

こうして自分の作品が形になって他の人にわたっていく感動を

平成最後のコミケで味わうことができてよかった…

最初の一部が売れたときは普通に泣きそうだった。たぶん一生忘れない

 

反省点

 

初めて参加してみて改善できる点はたくさんあったなーと思ったので

自分に言い聞かせるつもりで挙げていきます

 

1 ポスターの重要性

 

今回カラーの表紙にあまり自信がなかったというのと、そこまで用意しなくても…と思ってポスターは用意せずに本と値札しか置いてなかったんですが

 

f:id:itsme-novel:20181229224458j:plain

 

設営が完了してみて「あ、これめちゃくちゃ質素だな…」と感じました

自分が参加者だったとき、元々買う予定のなかったサークルから買うときにこのビジュアルだったらまず買わない

ただでさえ知名度がないのにビジュアルでも質素にしてしまったらそりゃあ手に取りづらいですよね

 

それに加え、サンプルページがめくらなきゃ見れないというのもよろしくない

なので途中から表紙をめくった状態で展示してたんですが、これももっと見やすい形にするためサンプルページは別に用意するべきだと感じました

 

2 やっぱ中身

これはもう自分の画力が足りてないの一言なんですが、

今回はお誕生日席といわれる比較的お客さんが見やすい位置に配置されました

 

f:id:itsme-novel:20181222184009p:plain

 

動線を確保するためなのか、初めてのサークルの作品が手に取ってもらえる機会が増えるようにしてくれたのか?

前者な気はしますが、こっちはそこに配置された分頑張らなくちゃいけませんでした

 

試し読みに来てくれたお客さんが今回16人いまして

その中で購入まで至った方が3人でした

約19% 

なかなかクる数字ではありますが、いい指標になりました

ようするに「中身がしょぼい」 もっと勉強して頑張ります…

 

3 挨拶周り

ぼっちで売り子をしていたので持ち場を離れたらやばいだろうなーと思って

 もうひとつの目標だった 絵描きのお仲間をつくる!

 が全然達成できなかった…ていうかどこも挨拶いけなかった…

 

同じく絵を描いてる人がいると自分のモチベーションになりますし、意見交換であったりだとか情報の共有も有益なことが多いとわかっているんですが……

 

失敗しました…もうちょっとSNSとかでも先に交流の幅を広げようと思います

 

 

f:id:itsme-novel:20181229231345j:plain

 お客さんに凛ちゃんについて触れてもらえたのは嬉しかった

 

 

そしてこれから

 

総合的には

めちゃくちゃ楽しかった!

 

いままで何にもしてこないでやってきた自分がこうしてコミケに参加できたこと

本を買ってもらえたことが何よりうれしかったので

安直ですが人生少し変わった気がします

 

受動的な楽しみから能動的な楽しみを見つけてしまったので

これからもコミケだけじゃなく同人即売会には積極的に参加したいと思います!

交流も増やしたいですし

 

 

 

というわけで、、、

 

3月に開催されるサンクリor僕ラブ もしくはその両方に参加するため

いまから2本!新しい本を作ろうと思います!

 

そして毎日の練習も欠かさずに、SNSで自分をアピールもしていく

ブログも書く!勉強もする!卒論もあるんだった!これが一番やばい!

 

めちゃくちゃ大変な2019年になると思いますが学生としては最後の三カ月

くそったれみたいな学生生活でしたが「終わり良ければ総て良し」効果を狙って鬼のように追い込みたいと思います

 

 

ここで宣言することでパブリックコミットメントの効果も狙ってたり

 

f:id:itsme-novel:20181229231542j:plain

 

また絶対参加するぞ!!!!!!!!!!!!

 

 

それでは~

 

 

 

【漫画の描き方】難しいのは「絵」だけじゃない! +初心者向けの本を紹介

 

 

f:id:itsme-novel:20181211231141j:plain



 突然ですが!

 

わたしは星空凛ちゃんという女の子が好きなのです

そして、その子を主役に漫画を描いたことがあります

 

f:id:itsme-novel:20181209230713j:plain

 

続きはツイッターの固定ツイートに貼ってあるので気になった方はぜひ

twitter.com

 

描いてみて初めてわかったこと

 

 

漫画は本当に難しい

 

描いたことない人でも

めちゃくちゃ当たり前のこと言ってるな、と思う方がいるかもしれませんが

思っている以上に難しいです

 

しかし

漫画を描くと、絵上達するスピード早い!

 

なので絵が上達したい人(私もそう!!)

さらには

絵がもう少しうまくなってから漫画描こう…」

となっちゃってる人は

 

漫画を描こう!!!!!

 

そのため、何が難しいのか・それに対してのコツやアドバイスなんかを

紹介します

 

難関は絵だけじゃない

 

 

「絵がもう少し描けるようになってから」

といって漫画を描くのを先延ばししている人

 

 

気持ちめっっっちゃわかる~~~~~~~~~~

 

 

ただ「描けるようになる」ってのはいったいどこから?

明確なラインがあるならいいですが、

そこが曖昧なら描いちゃいましょう!

 

 

 

なぜなら、

絵だけじゃなく漫画は難しいから!

 

 

 

それが何かというと

・コマ割り 

・構図 

・トーン 

・セリフ 

・話の展開

 

 

絵が描けるようになってから

「さあ、漫画描くぞ~ ! 」となるのは大いに結構

 

ですが、

漫画はボスラッシュみたいなものです

 

一番最初の「絵」というボスを倒しても

 

構図「くくく、漫画を完成させたくば俺を倒していきな・・・」

 

f:id:itsme-novel:20181211202752p:plain

 

コマ割り「次は俺が相手だぜ」

 

f:id:itsme-novel:20181211202752p:plain

 

 

鬱陶しい~~~~~~~~~~~

 

折角「絵」を攻略したのになんだこいつら!!!

 

とまあこんな感じで

「うまくなってから」漫画を描き始めるとひじょ~に効率が悪いというのがわかっていただけたでしょうか

 

だから考えを改めこういうスタンスで行きましょう

 

f:id:itsme-novel:20181211204753p:plain

 

 

─────面倒だ。まとめてかかってきな

 

 

攻略法

その①「見て真似しろ」

 

これはそのままです

コマ割りや構図、なんのこっちゃ?さっぱりわかりまへん

 

そんな状態から描くのはまず無理でしょう

 

自分の好きな漫画を見て真似をしてみましょう

 

ただここで

丸々1ページ真似るんではなく、

 

このページからはこのコマと構図

このページからはこの構図

 

と切り取りしていって作ってください

 

こうすることで、普段は読み飛ばしてしまうような構図

よく目に入るようになります

 

間の取り方であったり、時間経過を表す表現であったり

何気ないコマがそんな重要なこと表してたの!?という気付きも面白いし勉強になりますよ!

 

その② 「最初に小説を書け」

真似するのはわかったけど

どのコマを持ってくればいいかわからないし

どう配置していいかもわかんない

 

そういう場合はまず

描きたい話を文字に起こしてみましょう

 

例えば上の凛ちゃんの漫画では

 

歩いている最中に声をかけられラブレターをもらう

「星空さん!」

「?」

「これを受け取ってください」

「え?これって…」

↓時間経過

部室でラブレターを再度確認

「どうしようこれ」

はなよ・まきが入ってくる

「あれ?凛ちゃん?」

ラブレターを隠す

 

こんな感じで進めます!文字に起こすといっても

自分がわかればいいので私はセリフでどんどん進めていくようにしてます

 

これを最後まで書ききったら

次にどこまでが1ページ分か?を割り振ります

 

 

歩いている最中に声をかけられラブレターをもらう

「星空さん!」

「?」

「これを受け取ってください」

「え?これって…」

────────────────────────

ここまで一ページ

 

↓時間経過

部室でラブレターを再度確認

「どうしようこれ」

はなよ・まきが入ってくる

「あれ?凛ちゃん?」

ラブレターを隠す

 

ここまで2ページ

 

 

こんな感じ。

これの何がいいかというと

 

1ページにどれだけ入れるかがわかるとコマ割りが圧倒的にラクになる

ということ

 

初めてだとどうしても1ページにセリフを詰め込みがちです

 

これを避けるためにも最初に配分を決めちゃいましょう

 

その③「ふきだしの配置は早くに決める」

”ふきだし”

 

実はこいつが案外厄介者で

配置を後から決めてしまうと

ふきだしが小さくなってしまってセリフが入らない!!!

大きすぎると絵が隠れちゃう!

 

ということになりがち

 

アナログで描かれるかたは、特に修正が効かないのでお気を付けを

 

さいごに

他にも難しい箇所はたくさんありますが

 

描いてみて「うわ!ここ難しい!」というのは人それぞれ出てくると思います

 

 

苦手を克服するためには「何が苦手なのか?」を知らなくてはいけませんよね

 

 

 

 

 

 

だから描こう!漫画を!

一回描けば自信にもなりますし

 

 

 

 

それでもやはり渋ってしまう人のために本を二冊ご紹介

 

(電子版(PDF)付き)へたっぴさんのためのお絵描き入門 なんでお前は絵が描けないんだ!?

 

 

なぜ自分の絵は下手くそなのか?

初心者が陥りがちなミスについて漫画でわかりやすく説明してくれます

 

私も線を綺麗に引くのをごまかして描いてましたが、やっぱ汚いんですよね

 

一筆の練習がんばるぞい

 

マンガは描ける!絵が描けない人でも

 

 

方法さえ覚えてしまえば、絵が描けなくても漫画は描ける!

という素晴らしくモチベーションを高めてくれる本

 

個人的には最初の

「わかんないなら写真を撮れ」「そしてそれをトレースしろ」

という言葉に、必死に知りたいポーズの画像を探してたのが馬鹿らしくなりました

 

 

 

この二冊を読めば絵が上手くなるわけではもちろんありませんが

技術だけではなく「考え方」も学んでおけば

知らない人より成長は早くなります

 

 

行き詰っている人がいたら、諦めてしまうまえに是非!

 

こんな記事もあるので一緒にどうぞ!

 

itsme-novel.hatenablog.com

 

 

それでは~